miku2goの中の人のgdgd
gdgdロゴ画像

↑見つめていると、あなたもgdgdに!

プロフィール
miku2goの中の人
http://www.miku2go.com/

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ
● 新着記事
● miku2goのgdgd
● チラ裏
● 安スマホ(3)
● 艦これ

記事の書庫
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年02月
2020年01月
2019年10月
2019年04月
2018年10月
2018年09月
2017年11月
2017年07月
2017年05月
2017年03月
2017年02月
2016年12月
2016年10月
2016年06月
2016年05月
2016年02月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年05月
2015年04月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年09月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年03月
2012年12月
2012年11月
2012年09月
2012年08月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月

記事詳細 [一覧表示へ]
安いスマートウォッチ(その2) カテゴリ:安スマホ 投稿日:05月17日(日) 14:33
さて、各種情報ですが・・

怪しい方から順に・・

1) 体温
 デバイスをしばらく机に置いて、室温状態になっていても36.x度といった、体温として、それっぽい値を表示します。しかも、その状態で測定のたびに36度台の範囲で上下します。
 腕に付けていても、36.1〜36.9あたりを適当に表示します。
 控えめに言って単なる乱数。微妙にそれっぽい範囲の値を出すあたりは詐欺ですね。温度計が入ってるようには思えません。

2) 血中酸素濃度(血中酸素飽和度?)
 本来はパルスオキシメーターというヤツで測る物らしいですが、それがこんな装置で測れたら、素晴らしいのですが・・。
 でも、残念ながら、あてになりません。
 平常状態で、95〜99%。95%なら、かなり低い気もしますけど、ぜんぜん平常時です。
 そして、少しランニングして、ハァハァ、ゼイゼイしていても、99%とか表示します。
 体温や他の値もそうですが、微妙に「それっぽい値」の範囲になるのがミソです。ですが、体の状態との関係が無い!というのが、このアイテムです。
 異世界の自分の状態が表示されている・・的な物ですね。

3) 血圧
 朝の血圧が低そうな時に高血圧の警告レベルになってました。私は、特に、そんな病気はありません。むしろ、朝は低すぎるくらいのはず・・。
 少しきつめにしめると、正しい値に近づく気もしますが、、。それでもダメな時はダメ。完全に無関係・・では無いようですし、偶然かもしれませんが、近い値になる事も10回に1回ぐらいあります。下の心拍数が多いと高めになるようなので、そうした値から類推して出しているのかもしれません。

4) 心拍数
 このあたりは、時々、ほんとに、正しい値になる事もあります。ですが、平静状態でも90以上になったりもします。私の平静状態だと70いかないぐらいのはずですけど・・。
 少しきつめに付けたた方が良いようです。ただし、運動していると、ずれるためかデタラメ度がマシます。これを見ながら心拍数を一定以下に保って走る、、とかは無理に思えますね。
 とりあえず、1)〜3)よりは正しそうな値になる率が上がります。

5) 歩数計
 少し多い気もしますが、まあまあでしょう。1)〜4)よりは、ぜんぜん、まともな値です。

6) 時刻
 正確です。唯一信頼できます。

ーー

 いずれの数値も、トンデモにならないように調整されているため、短時間の利用だと信じてしまうかもしれません。ですが、まあ、はっきり言うと、誤った数字ですので。
 そんな人はいないと思いますが、場合によっては信じる事で危険な事態になるかもしれませんので、注意した方が良さそうです。

 その上で値段を考えれば、5)、6)に、4)がたまにというぐらいでも価値があるかもしれません。(その範囲だと同じ会社の下位機種があるみたいですが・・)


覚書URL:
コメントはありません。

↓このブログのcgiの作成元です。miku2goのアプリ、及び、ブログ文章の著作権ではありません。↓

Weblog©Copyright ChamaNet